Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header
Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header

平成30年度 圏域別公聴会(松江圏域)の報告

4月 3rd, 2019 | Posted by nozomu in 2019年

 昨年821日に、県民会館大会議室にて『平成30年度 圏域別公聴会(松江圏域)』が開催され、支部へも島根県健康福祉部健康福祉総務課から意見を求められました。329日に、県の回答が提示されましたので、意見と共に掲載します。

2019/4/2 景山敬二)

平成30年度 圏域別公聴会(松江圏域)

日本ALS協会 島根県支部
支部長 景山敬二

 県民会館のバリアフリー対策について要望いたします。

 会館の耐震化工事に伴い、大ホール客席上階へのエレベーターが新設されました。しかし、その稼働率はどのくらいでしょうか?

 昨年、知合いの車椅子利用者が松江市小中学校連合音楽会へ出掛けたところ、エレベーターが動いておらず指定された2階席に上がれず、わが子の演奏を見られませんでした。近くにいた警備員らしき方に尋ねましたが「動いていない」の一点張りだったそうです。

 後日、会館職員に会う機会があり、その件について尋ねたところ「ホール貸しの場合は主催者に稼動権限が移る」とのことでした。せっかくエレベーターを設置したのに使えないのではもったいない話です。何のために設置したのかを見直していただきたい。悪く言えば「ハードは整備してもソフト面で対応しない、行政によるバリアフリー対策の典型例」です。

 車椅子利用者だけでなく、視覚障害者・足腰の弱いお年寄り・妊婦・幼児連れにはあの階段の昇り降りはつらく、危険も伴います。開館時間内は常時、エレベーターの稼動をお願いします。

[県の回答]

 島根県民会館では、耐震改修工事に伴い、エレベーターを新設したところですが、ご指摘のありました2階席につきましては、エレベーター出口から客席までに階段があり、車椅子利用者の方の移動には不便な面も残っています。このため現在、車椅子利用者・視覚障がい者・足腰の弱いお年寄り・妊婦・幼児連れの方などについては、基本的には1階大ホール横の身障者入口から入場していただき、1階でのご観覧をお願いしております。

 こうしたことから、エレベーターにつきましては、1階から2階への移動についてはあまり利用されていないのが現状ですが、2階から4階への移動についてはご年配の方などを中心に常時ご利用いただいております。

 今後のイベント等の開催にあたりましては、引き続き各イベントの主催者とも情報共有し、エレベーターも含めて来館者の方により丁寧なご案内をできるよう務めてまいります。

文化国際課


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.