Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header
Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header

口文字(音読文字盤)によるコミュニケーションマニュアル

口文字とは

口の形や瞬きなどその人のしやすい合図により、伝えたい言葉を表現してそれを読み取るコミュニケーション手段である。患者が母音(あいうえお)の形が出来ない、読み手が50音の横の段を覚えてない場合などは、50音読取法(音読文字盤)を利用する。

(さらに…)


JALSA20号が出来上がりました。
PDF版を下記からご覧いただけます。 (さらに…)

患者・家族交流会の報告

1月 18th, 2017 | Posted by nozomu in 2016年 - (0 Comments)

平成281210() 松江医療センター大会議室において、交流会を開催いたしました。支部総会での交流会の時間が不十分だった反省から、1330分開始、1630分終了とたっぷり時間をとりました。それでも参加者の話は尽きることなく、この病気の過酷さを表していました。 (さらに…)


JALSA19号が出来上がりました。
PDF版を下記からご覧いただけます。 (さらに…)


難病コミュニケーション支援シンポジウムのお知らせ

一般社団法人日本ALS協会
コミュニケーション支援委員長 岡部宏生
島根県支部支部長   景山敬二

 来る12月5日(土)、松江市のホテル白鳥において
『JALSA難病コミュニケーション支援シンポジウムin島根』を開催いたします。(詳細は別紙チラシをご覧ください。)
 参加費は無料で、会員のみならずコミュニケーション支援に関心のある方はどなたでも参加いただけます。多数のご参加をお待ちしています。

JALSA難病コミュニケーション支援シンポジウム in 島根

JALSA難病コミュニケーション支援シンポジウム in 島根


JALSA18号が出来上がりました。
PDF版を下記からご覧いただけます。 (さらに…)


 先日、平成26年度 島根県難病医療連絡協議会が開催されました。あいにく所用のため出席できませんでしたが、事前に委員意見を提出し、「入院時のコミュニケーション支援」の県内全市町村での実施を要望しました。

 協議会後、県の担当者から資料を送っていただきました。今回は制度説明に時間がかかり、十分に意見交換が出来なかったとのことです。提出した委員意見は[その他]で説明されたようです。委員意見と、それに対する県の対応を添付します。

2014/12/19  景山敬二)

(さらに…)


膠原病友の会島根県支部主催の講演会が、11月23日の日曜日に出雲市のパルメイトで開催されます。
今回は、全国膠原病友の会の大黒常務が「難病新法」について講演されますことから、他の難病患者・家族会にもご参加いただければということで、案内がありました。
申込締切が11月15日の土曜日となっています。
ご興味のある方は是非ご参加ください。

難病新法講演会


「平成26年度 島根県難病フォーラム in 浜田」のお知らせです。
画像をクリックすると、チラシ(PDF版)をご覧いただけます。

平成26年度 島根県難病フォーラム in 浜田


「平成26年度(第16回)日本ALS協会島根県支部 定時総会」

【日時】 6月29日(日)
【場所】 松江市総合福祉センター
      松江市千鳥町70 (しんじ湖温泉内)

(さらに…)