Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header
Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header

景山 敬二

 私はよく「どうしたらそんな笑顔でいられるの?」と尋ねられます。もちろん嫌な顔もしますし、泣くことも多々あります。むしろ気分が顔に出やすいほうです。人前で外面が良いだけなのです。では、なぜ造ってまで笑顔でいるのか。

「笑顔は究極の癒し」講演や会合で度々使う言葉です。他人の笑顔はもちろん、自分が笑顔でいることが大切です。笑っている時は病気を忘れられるので、看護師さんやヘルパーさんの言い間違いなど些細なミスを見逃さないようにしてでも笑っています。粗探しをされる方はたまったものじゃないでしょうが、どうかご勘弁を。 (さらに…)



日頃より、支部活動にご理解とご協力をお寄せ頂きありがとうございます。表題について日本ALS協会事務局より下記の連絡がありましたのでお知らせします。
今回は、治験人数、対象ともに限られたものとなっていますが、今後の拡がりに期待を寄せられるものです。 (さらに…)



H23年7月1日より、特定疾患医療受給者証について下記の点が変更になります。すでにお持ちの方は、今年度の更新時に適用されます。 (さらに…)



年に一度の県支部総会のお知らせです。会員以外の方も、お気軽にご参加いただけます。ご希望の方は、出雲保健所(または、お近くの保健所)、または島根県支部事務局事務局連絡先まで、お問い合わせ&お申込みください。(入場無料です)
たくさんの皆様のご参加を心よりお待ちしております。 (さらに…)



写真付きで詳しくご覧になれます。 (さらに…)



日本ALS協会島根県支部は、4月16日と17日に開催された
「難病支援すなほチャリティーコンサート」を後援しました。 (さらに…)



ここでは確定診断後、必要となる手続と受けられる福祉政策について記述します。福祉政策は良く変わりますし、市町村独自のサービスもあります。患者側もよく勉強しましょう。 (さらに…)



JALSA14号が出来上がりました。
PDF版を下記からご覧いただけます。 (さらに…)



筋萎縮性側索硬化症(=ALS)で在宅療養中の私、谷田人司は2010年11月の導入試験を経て、12月末より自動持続吸引システムを導入しました。 (さらに…)



H18/5月発行の支部広報誌『JALSAしまね』に掲載


3月になって、我家のプランターの小さな椿の木も幾つか花を咲かせました。花ごとポトリと落ちるので嫌われる人も多いのですが、良く見ると落ちてなおその花弁は艶やかです。花弁が痛んできても、雄蕊雌蕊は凛としています。寺社の境内や山道などで、椿の絨毯が敷き詰められた景色に心奪われたことのある人もきっと多いでしょう。私達ALS患者は椿の花のように思えてなりません。

(さらに…)