Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header
Welcome to JALSA Shimane Web Site
Header

平成26年8月27日に松江市県民会館 会議室にて、島根県圏域別地域公聴会・松江が開かれ、支部からは文書で意見と質問を提出しました。

このほど、県のホームページにその回答が掲載されましたので報告します。 (さらに…)



日本ALS協会島根県支部 平成27年度総会のご案内

下記日程にて支部総会を開催します。会員はもとより、会員ではない患者さん・家族さん、患者家族ではないがALSに関心がある方のご参加も歓迎しますので多数のご参加をお待ちしています。

日本ALS協会島根県支部
支部長 景山敬二

【日時】 6月27日(土) 13時~16時 (開場12時30分)

【場所】 出雲保健所 2階大会議室

     出雲市塩冶町223-1 (島大附属病院うら西隣)

     Tel 0853-21-1190

【内容】 総会議事 講演会 交流会

     講演会   共催:しまね難病相談支援センター

     演題 「介護が楽になる考え方、声がけ、セルフケア」

講師 土江正司様 (島根県臨床心理士会会長・心身教育研究所所長・インド政府公認ヨーガ教師・支部運営委員)

     交流会

患者・家族をはじめ支援者などが集まり、日々の悩みや不安を本音で語り合います。当事者だからできるアドバイスや、行政・医療・福祉など各専門職への要望も話し合いましょう。

     問合せ 〒690-0885 松江市米子町8-17 景山方

     日本ALS協会島根県支部事務局

     TEL(0852)-21-4770



しまね難病相談支援センターからのお知らせ
『社会保険労務士による就労相談会の開催について』

平成27年度、難病患者の皆様が抱える就労問題等について、相談支援の充実を図るため、社会保険労務士による就労相談会を下記のとおり開催することとしました。

相談方法等

  1. 相談は無料で、相談時間は御一人30分程度を想定しています。
  2. 相談を希望される方は、事前にしまね難病相談支援センターに連絡していただくようお願いします。
  3. 相談会は、就労をあっせんするためのものではありません。
社会保険労務士による就労相談会の開催について

社会保険労務士による就労相談会の開催について



平成27年度も各地にて難病サロンを開催します。
今回は松江を1回増やし2回に、新たに邑南町に会場を設けます。
難病患者さんやご家族同士で交流していただきます。また、ご要望があれば、相談支援員が療養生活や就労などの相談に応じます。
参加希望の方はなるべく事前にお申し込み下さい。
申し込み・問い合わせ先 しまね難病相談支援センター
   TEL 0853-24-8510   FAX   0853-22-6498

(さらに…)



松江保健所 移転のお知らせ

会報にてお知らせしたとおり、松江保健所が移転します。

松江市・安来市にお住まいの方はご注意下さい。

移転先

いきいきプラザ島根 3階

住所

〒690ー0011 松江市東津田町1741ー3

移転後の業務開始日

平成27年3月9日(月曜日)

電話・FAX番号は変わりません。

医事・難病支援課

TEL 0852-23-1315
FAX 0852-21-2770



3月14日と15日の2日間、下記「NEC難病コミュニケーション講座」が開催されます。
ご興味を持たれた方、ぜひご参加ください。
申込書は画像をクリックするとPDFで表示されます。

NEC難病コミュニケーション講座
~島根県重度障がい者コミュニケーション支援講座~

1. 目的

重度の障がい者でもICT機器をうまく活用すれば,生活を便利にするだけでなく,社会参加さえも可能になりました。しかし,ICT機器までの「Last 1 feet」(最後の30cm)が解消できずに利用できない人々がたくさん残されている現状があります。
ICT機器はほとんど身体が動かない重度の障がい者にとっては特に大きな効果を発揮します。それ自体,先人達によって30年以上前から叫ばれていましたが,技術やモノはあっても利用が進んでいないのが現状です。
このイベントでは,「Last 1 feet」を解消するためにどうしたらよいのか,参加者みなさんと一緒に,技術・環境・制度・支援環境など多面的に実例を通して考えていきます。 (さらに…)



JALSA18号が出来上がりました。
PDF版を下記からご覧いただけます。 (さらに…)



平成2711日より難病法が施行されています。

先に掲載した医療費助成制度の資料について、新たな情報が入りました。資料の修正版を協会本部が作成しましたので掲載します。既にダウンロードした方は差し替えをお願いします。

また、島根県健康福祉部のホームページもご確認下さい。

http://www.pref.shimane.lg.jp/life/kenko/kenko/nanbyo/nanbyoujosei.html

医療券経過措置について・27年版・軽症者特例2割負担(20150113)

医療券経過措置について・27年版・軽症者特例2割負担(20150113)
画像をクリックするとPDFが表示されます(全6ページ)

医療券経過措置について・27年版・軽症者特例2割負担(20150113)



 先日、平成26年度 島根県難病医療連絡協議会が開催されました。あいにく所用のため出席できませんでしたが、事前に委員意見を提出し、「入院時のコミュニケーション支援」の県内全市町村での実施を要望しました。

 協議会後、県の担当者から資料を送っていただきました。今回は制度説明に時間がかかり、十分に意見交換が出来なかったとのことです。提出した委員意見は[その他]で説明されたようです。委員意見と、それに対する県の対応を添付します。

2014/12/19  景山敬二)

(さらに…)



難病新法における医療費助成について、別添の通り決定しましたのでお知らせします。

新法は平成27年1月1日から施行されます。お手持ちの特定疾患医療受給者証をご覧になり、重症認定がされておらず認定が可能な方(障害者手帳1級・2級)は12月末までの申請をお勧めします。

画像をクリックすると、チラシ(PDF版)をご覧いただけます。

難病新法での医療費助成について